ポイントで見るカーポートの選び方

車を所有している場合、車庫があれば良いですが、ない場合には雨ざらしになってしまい簡単に汚れてしまいます。そのため見た目が汚くなってしまって洗車をする回数が増えたり、気づかないうちに塗装が劣化しそこから錆びたりすることもあります。そのため車はなるべく雨などの当たらない場所に置いておく方が望ましいですが、車庫を作るには費用もかかり、十分に考えなければいけません。 その際費用をできるだけ抑えたい場合に便利なものが、カーポートになります。支柱に屋根といった簡単な造りなので、車庫を作るよりも安く済ませることができます。しかし支柱に屋根という簡単な造りでもあるので、気を付けなければいけないことも多いです。そのため設置する際には選び方のポイントをしっかりと把握して、失敗しないようにすることが重要になります。

出し入れのしやすさはとても大切なポイントです

それぞれの住宅には敷地に条件などがあり、車を置けるスペースが限られていたりします。そのためぎりぎりの場所に車を駐車している場合には、特に注意しなければいけない点があります。それが車の出し入れのしやすさであり、それによって形状を変えることも必要です。 カーポートは基本的なスタイルは、支柱によって両側を支持するものと片側を支持するものに分かれます。両側雄支持するタイプは、その形状から設置できる場所の大きさも広いことが必要です。狭い場所での設置には向かないので、その点に気を付けなければいけません。 また片側を支持するタイプは、狭い敷地でも邪魔になりにくいです。そのため設置するために必要な敷地が限られている場合には、片側を支持するタイプにすることも選び方のポイントになります。

自然災害に耐えられるかどうかも重要になります

カーポートは常に自然環境のもとにあるので、雨や風以外にもさらされていることになります。天候不順の際には雹などが降ることもあり、頑丈なものでなければ穴が開いてしまうなどの被害が想定されます。 また台風など強風が吹くときに、その力に耐えられることも必要です。屋根の部分は風の抵抗を受けやすい場所でもあるので、どのような風が吹いてもしっかりと固定されていることが重要になります。強い風が吹いたからといって簡単に吹き飛ばされてしまうと、破損するだけでなく周辺にも被害が出てしまいます。そうなってしまうと余計な費用が掛かってしまうので、強風時でも吹き飛ばされないような頑丈なものを選ぶようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

カーポートを取り付ける場合には

カーポートは敷地の一角にこれを設けると雨の日など車の乗り降りにその都度傘を広げたりする必要もなく簡単に車の出し入れを行うことが出来ます。あるいは太陽の紫外線や空からの飛来物とか落下物からも守られ、車を...

カーポートに太陽光発電と蓄電池を設置

太陽光発電システムを導入する人が多くなっていますが、ソーラーパネルで発電した電気は住居内の電化製品や照明器具などで使う事が出来ます。日中家の中に誰もいない時などは冷蔵庫などの電力だけで、発電した電気の...

ポイントで見るカーポートの選び方

車を所有している場合、車庫があれば良いですが、ない場合には雨ざらしになってしまい簡単に汚れてしまいます。そのため見た目が汚くなってしまって洗車をする回数が増えたり、気づかないうちに塗装が劣化しそこから...

風雪被害とは?カーポートについて

カーポートは敷地内に車を止めるだけのスペースがあれば簡単に屋根部分を設置して雨風をしのげるので、車庫に比較すると施工も簡単で便利なグッズと言われています。雨の日も傘を操作することなく車への乗り降りがで...