風雪被害とは?カーポートについて

カーポートは敷地内に車を止めるだけのスペースがあれば簡単に屋根部分を設置して雨風をしのげるので、車庫に比較すると施工も簡単で便利なグッズと言われています。雨の日も傘を操作することなく車への乗り降りができて、上空からの飛来物や紫外線からも車を守ってくれ、しかも設置費用が安上がりであるといったメリットがあります。 構造的にはスチール製が安上がりで強度もそれなりにあるとされますが、デザイン的にはアルミ製のものが人気も高く、よく利用されています。用途から見ても独立して柱を立てることができますし、住宅の壁に接近させて下屋として取り付け、物置場や洗濯物の干場にすると言った使い方も出来ます。 車庫と違って四方に壁がないので見晴らしが良く、車の運転操作もスムーズに行くとされますが、設置するに当たってはその地域の気候や特性に応じて注意点もあるとされています。

風に対する心配とはどういうものか

カーポートは一番簡単な構造のものは3本柱で片持ち構造というスタイルが多いものです。これは片側だけに柱が立てられるもので簡単なものですが、台風や竜巻、突風などが通過すると屋根材が破損するか心配になってくるものです。アルミ製の場合は耐風強度は毎秒30メートルから46メートルとされていて大型台風が来た場合は毎秒30メートルから50メートルとされているので、十分に壊される可能性はあります。 ただ都会では住宅が密集して建っているために風の強さなどはビルに阻まれて弱まることが多いので、心配は少ないと言われています。 回りに障害になるようなものが無い場所では強い風を受ける可能性が高くなることがありますが、その際にはサポート用の柱を立てるなどの対策を立てることも出来ます。こういう場合は片側柱や後部柱に比較して両側柱が風には強いとされています。

雪に対する心配とはどういうものか

西日本に住まう人はあまり雪のことは気にしませんが、それでも中国地方の北側の県を始め、東北地方にかけては多雪地帯や豪雪地帯もあります。そういう際に一般的なカーポートを取り付けていると、積雪で屋根が壊れる可能性もあります。特に並列に2台止める場合には、雪が多く積もると中央部分からその重みで壊れる事例も起きています。 片側柱の場合は積雪量が20センチから30センチまでの荷重に耐えるとされていますが、支持柱を設置しない場合にはよく被害を受けているようです。したがって20センチも積もれば雪下ろしを施す必要はあります。風雪被害に対しては片側3本、両側で6本柱が立つ豪雪地帯用のものがあり、この場合は積雪量が150センチまで対応すると言われ、採光をとり入れることもできる折版タイプのものもあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

カーポートを取り付ける場合には

カーポートは敷地の一角にこれを設けると雨の日など車の乗り降りにその都度傘を広げたりする必要もなく簡単に車の出し入れを行うことが出来ます。あるいは太陽の紫外線や空からの飛来物とか落下物からも守られ、車を...

カーポートに太陽光発電と蓄電池を設置

太陽光発電システムを導入する人が多くなっていますが、ソーラーパネルで発電した電気は住居内の電化製品や照明器具などで使う事が出来ます。日中家の中に誰もいない時などは冷蔵庫などの電力だけで、発電した電気の...

ポイントで見るカーポートの選び方

車を所有している場合、車庫があれば良いですが、ない場合には雨ざらしになってしまい簡単に汚れてしまいます。そのため見た目が汚くなってしまって洗車をする回数が増えたり、気づかないうちに塗装が劣化しそこから...

風雪被害とは?カーポートについて

カーポートは敷地内に車を止めるだけのスペースがあれば簡単に屋根部分を設置して雨風をしのげるので、車庫に比較すると施工も簡単で便利なグッズと言われています。雨の日も傘を操作することなく車への乗り降りがで...