カーポートに太陽光発電と蓄電池を設置

太陽光発電システムを導入する人が多くなっていますが、ソーラーパネルで発電した電気は住居内の電化製品や照明器具などで使う事が出来ます。日中家の中に誰もいない時などは冷蔵庫などの電力だけで、発電した電気の大半を電力会社に売却が出来る魅力を持ちます。屋根の上に設置するソーラーパネルはカーポートの屋根に設置する事で発電量を増やせるメリットに繋がります。 マイカー所有している人も多いわけですが、マイカーも家族に1台ではなく各自1台の時代などと言われており、2台以上のマイカーを所有している人も少なくありません。車の保有台数が多くなる事で駐車スペースの確保も必須になってくるわけです。2台分の駐車スペースなどの場合、駐車場の屋根の上にソーラーパネルを取り付ける事で屋根に取り付けたソーラーパネルの発電量に加算出来るメリットもあります。

南向きの屋根は発電量が大きくなります

太陽光発電の発電効率はソーラーパネルに当たる太陽エネルギーを100にした際、発電量がどれだけ得る事が出来るのかを数値で表しているものです。発電量は南の方角にソーラーパネルを向ける、太陽との傾斜角度を30度にした時、最大の発電効率を得る事が出来ると言われています。カーポートがある場所が南側などの場合で、日陰になりにくい環境にある時などは発電量を期待する事が出来るようになります。 ソーラーパネルと言うと屋根の上などのイメージを持つ人も多いかと思われますが、駐車スペースが広い場合などでは、駐車場の屋根に数台のソーラーパネルを設置する事で屋根の上のソーラーパネルと併せて売電が出来るようになっています。 ソーラーパネルを設置する時などは、屋根の強度などをチェックしておく必要があります。強度を保つための工事を行った上で取り付けを行うことが大切です。

電気自動車の充電にも利用出来ます

日本国内ではハイブリッドカーの普及率が高くなっていますが、徐々に電気自動車の普及率も高くなると言われています。ハイブリッドカーの場合は、従来のエンジンと電気自動車のモーターを搭載した車であり、電気自動車は電源を必要としています。バッテリーを搭載して電源を供給して走行するのが電気自動車の特徴です。バッテリーを充電するための設備が必要になりますが、家庭用電源を200V電源にするなどしてバッテリーへの充電を行うのが一般的です。 カーポートに太陽光発電システムを設置して、蓄電池に電気を溜める、これを電気自動車のバッテリーに充電するなどの仕組みを利用すれば、電気コストをゼロにしてマイカー利用が出来るなどのメリットもあります。太陽光発電はクリーンエネルギーによる発電システムなので、電気自動車もガソリンを使わないなど地球にやさしい融合が期待出来るわけです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

カーポートを取り付ける場合には

カーポートは敷地の一角にこれを設けると雨の日など車の乗り降りにその都度傘を広げたりする必要もなく簡単に車の出し入れを行うことが出来ます。あるいは太陽の紫外線や空からの飛来物とか落下物からも守られ、車を...

カーポートに太陽光発電と蓄電池を設置

太陽光発電システムを導入する人が多くなっていますが、ソーラーパネルで発電した電気は住居内の電化製品や照明器具などで使う事が出来ます。日中家の中に誰もいない時などは冷蔵庫などの電力だけで、発電した電気の...

ポイントで見るカーポートの選び方

車を所有している場合、車庫があれば良いですが、ない場合には雨ざらしになってしまい簡単に汚れてしまいます。そのため見た目が汚くなってしまって洗車をする回数が増えたり、気づかないうちに塗装が劣化しそこから...

風雪被害とは?カーポートについて

カーポートは敷地内に車を止めるだけのスペースがあれば簡単に屋根部分を設置して雨風をしのげるので、車庫に比較すると施工も簡単で便利なグッズと言われています。雨の日も傘を操作することなく車への乗り降りがで...