カーポートの長所や短所、特徴について

カーポートはガレージと違って仮の屋根というイメージがあるものです。したがって本格的な車庫にはならないため、メリットを持つかわりにデメリットもあります。
車全体にカバーをかける代わりの役目を果たすとも言えます。ただ車を置くだけという場合には防犯性に問題があると見られますが、屋根をつけることで、敷地内においては一応車を保護しているという意思表示を示すことになります。
スタイルや材質、スペースの広さ、カラーなど自由に選ぶことができますが、設置する場合は地方によっては強い風や雪荷重を受けるところもあります。その場合には地方の気候や特性を考慮した上でこれを設置することになります。
費用はグレードや材質によって変わってきますが、本体の住宅部分のデザインや周辺環境も考慮して取り付けたいものです。

メリットとはどういうところにあるのか

メリットとしては玄関や勝手口から近いと雨の日に車の乗り降りに傘を用意する必要がなくなることが挙げられます。車庫ではないので道路側に向かっては遮るものがなく、視界も良好になります。カーポートは屋根があることで霜も付きにくいとされていますし、飛来物があってもものの大きさにもよりますが幾分保護されます。鳥類が上空からフンをしても屋根があるために直接には車に落ちないことになります。
車庫を別個に作るよりも材料が単純で施工も簡単であり、したがって費用も安上がりになります。屋根材はガラス繊維入りの紫外線や熱線遮断効果のあるものが使われていることが多く、夏場車内の温度上昇を抑えることができます。
車庫の場合にはある程度設置スペースが制限されますが、カーポートの場合は住宅との兼ね合いで接して取り付けることも可能になります。用途としては駐車用だけでなくテラスとして利用することも可能です。

デメリットとはどういうところにあるのか

支柱が片側か後部に2本立てられたりするのでこれがジャマになることがあります。屋根の水下側は高さもそれほどなく圧迫感を感じるケースもあるとされています。部屋の近くだと太陽光線が遮られるために部屋内へ光が入って来なくなることがあります。
部材の構造や強度によっては大きな台風が来た場合には吹き飛ばされる危険性もあります。その場合には部材の補強を行うことがあり費用も余分にかかることになります。エクステリアとして見た場合に家のデザインにマッチした外観のものがなかなか見つからないものです。
3方に壁が無い分防犯性に劣ると言えそうです。積雪地帯ではそれに適したものを設置していないと、積雪で屋根などが潰れる可能性もありますから、気候のことをよく調べた上で積雪地域や豪雪地域向けの中から注文する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

カーポートを取り付ける場合には

カーポートは敷地の一角にこれを設けると雨の日など車の乗り降りにその都度傘を広げたりする必要もなく簡単に車の出し入れを行うことが出来ます。あるいは太陽の紫外線や空からの飛来物とか落下物からも守られ、車を...

カーポートに太陽光発電と蓄電池を設置

太陽光発電システムを導入する人が多くなっていますが、ソーラーパネルで発電した電気は住居内の電化製品や照明器具などで使う事が出来ます。日中家の中に誰もいない時などは冷蔵庫などの電力だけで、発電した電気の...

ポイントで見るカーポートの選び方

車を所有している場合、車庫があれば良いですが、ない場合には雨ざらしになってしまい簡単に汚れてしまいます。そのため見た目が汚くなってしまって洗車をする回数が増えたり、気づかないうちに塗装が劣化しそこから...

風雪被害とは?カーポートについて

カーポートは敷地内に車を止めるだけのスペースがあれば簡単に屋根部分を設置して雨風をしのげるので、車庫に比較すると施工も簡単で便利なグッズと言われています。雨の日も傘を操作することなく車への乗り降りがで...